あなたはどのタイプ?

酪農に関心のある社会人・学生の方

タイプA 希望・適性等に応じて受け入れ組織・農家を紹介。 研修手当て(月額生活費)をもらいながら3年間酪農の知識と技術を学ぼう!

3年間のカリキュラム

酪農経営に必要な知識、技術の修得を図るため、地域の営農の実態に即した研修を実施。
研修期間は、原則3年間。ただし、酪農経験がある又は力量の程度により研修期間を調整(短縮)。
〔1年目〕 基礎知識・技術の修得期間 酪農経営の概要及び年間の作業構成の把握並びに乳牛の飼養管理と農業機械操作の修得等
〔2年目〕 基礎知識・技術反復及び応用技術養成期間 家畜の飼養管理、農業機械の操作のほか、飼料の収穫調製、家畜疾病の対応・予防技術の修得等
〔3年目〕 経営技術養成及び就農準備期間 就農に向け、より主体性を持たせた中で、家畜の飼養管理、農業機械の操作、家畜疾病の対応・予防、経営全体の把握等その他、農家研修等を含む就農準備(就農時の計画作成、事業申請等)
↓

別海町・JAなど万全のサポートをお約束!

いよいよ新規就農

一般的な新規就農者の一例※(新規就農5年目頃)
項目数量
経産牛頭数60頭
年間出荷乳量約500t
農地面積約60~70ha
項目数量
収入約5,000万円/年
農業所得約1,300万円/年

新規就農者の経営支援及び子育て支援に各種制度をご用意しています

  • 助成金
    安心して新規就農ができるよう助成金を交付します。
    ❶青年就農給付金150万円×最長5年間(国)
    ❷就農奨励金として300万円(町)+300万円(JA)
    ❸リース料への助成
    ※1年間のリース料(参考)280万円※就農規模によって増減あり
    上限100万円×3年間(町)
    ❹固定資産税相当額への助成上限25万円×3年間(町)
    ❺住宅等の改修費用への助成上限100万円(町集落)
    ❻牛の導入費用への助成上限150万円(町集落)
    ※そのほかJA等による助成制度あり。
  • 融資制度
    【青年等就農資金】
    農業経営を開始するために必要な資金を長期、無利子で貸し付けます。
    (1)貸付対象者:認定新規就農者
    (2)資金使途:施設、機械の取得等
    (農地等の取得は除く)
    (3)貸付限度額:3,700万円
    (4)貸付利率:無利子
    (5)償還期限:12年以内(据置期間5年以内)
    (6)担保・保証人:融資対象物件以外の担保
    及び第三者保証人は不要
    (7)貸付主体:(株)日本政策金融公庫
  • 子育て支援
    ❶町内の地域ごとに、保育園又は幼稚園を開設。※必要に応じ時間延長の支援※朝晩の送迎の必要あり
    ❷通学支援
    ・小〜中学生/研修牧場前から町スクールバスによる送迎
    ・高校生/定期バスを運行
タイプB 希望・適性等に応じて受け入れ組織・農家を紹介。 研修手当て(月額生活費)をもらいながら3年間酪農の知識と技術を学ぼう!

3年間のカリキュラム

酪農経営に必要な知識、技術の修得を図るため、地域の営農の実態に即した研修を実施。
研修期間は、原則3年間。ただし、酪農経験がある又は力量の程度により研修期間を調整(短縮)。
〔1年目〕 基礎知識・技術の修得期間 酪農経営の概要及び年間の作業構成の把握並びに乳牛の飼養管理と農業機械操作の修得等
〔2年目〕 基礎知識・技術反復及び応用技術養成期間 家畜の飼養管理、農業機械の操作のほか、飼料の収穫調製、家畜疾病の対応・予防技術の修得等
〔3年目〕 経営技術養成及び就農準備期間 就農に向け、より主体性を持たせた中で、家畜の飼養管理、農業機械の操作、家畜疾病の対応・予防、経営全体の把握等その他、農家研修等を含む就農準備(就農時の計画作成、事業申請等)
↓

別海町・JAなど万全のサポートをお約束!

いよいよ新規就農

一般的な新規就農者の一例※(新規就農5年目頃)
項目数量
経産牛頭数60頭
年間出荷乳量約500t
農地面積約60~70ha
項目数量
収入約5,000万円/年
農業所得約1,300万円/年

新規就農者の経営支援及び子育て支援に各種制度をご用意しています

  • 助成金
    安心して新規就農ができるよう助成金を交付します。
    ❶青年就農給付金150万円×最長5年間(国)
    ❷就農奨励金として300万円(町)+300万円(JA)
    ❸リース料への助成
    ※1年間のリース料(参考)280万円※就農規模によって増減あり
    上限100万円×3年間(町)
    ❹固定資産税相当額への助成上限25万円×3年間(町)
    ❺住宅等の改修費用への助成上限100万円(町集落)
    ❻牛の導入費用への助成上限150万円(町集落)
    ※そのほかJA等による助成制度あり。
  • 融資制度
    【青年等就農資金】
    農業経営を開始するために必要な資金を長期、無利子で貸し付けます。
    (1)貸付対象者:認定新規就農者
    (2)資金使途:施設、機械の取得等(農地等の取得は除く)
    (3)貸付限度額:3,700万円
    (4)貸付利率:無利子
    (5)償還期限:12年以内(据置期間5年以内)
    (6)担保・保証人:融資対象物件以外の担保
    及び第三者保証人は不要
    (7)貸付主体:(株)日本政策金融公庫
  • 子育て支援
    ❶町内の地域ごとに、保育園又は幼稚園を開設。※必要に応じ時間延長の支援※朝晩の送迎の必要あり
    ❷通学支援
    ・小〜中学生/研修牧場前から町スクールバスによる送迎
    ・高校生/定期バスを運行
タイプC 希望・適性等に応じて受け入れ組織・農家を紹介。 研修手当て(月額生活費)をもらいながら3年間酪農の知識と技術を学ぼう!

3年間のカリキュラム

酪農経営に必要な知識、技術の修得を図るため、地域の営農の実態に即した研修を実施。
研修期間は、原則3年間。ただし、酪農経験がある又は力量の程度により研修期間を調整(短縮)。
〔1年目〕 基礎知識・技術の修得期間 酪農経営の概要及び年間の作業構成の把握並びに乳牛の飼養管理と農業機械操作の修得等
〔2年目〕 基礎知識・技術反復及び応用技術養成期間 家畜の飼養管理、農業機械の操作のほか、飼料の収穫調製、家畜疾病の対応・予防技術の修得等
〔3年目〕 経営技術養成及び就農準備期間 就農に向け、より主体性を持たせた中で、家畜の飼養管理、農業機械の操作、家畜疾病の対応・予防、経営全体の把握等その他、農家研修等を含む就農準備(就農時の計画作成、事業申請等)
↓

別海町・JAなど万全のサポートをお約束!

いよいよ新規就農

一般的な新規就農者の一例※(新規就農5年目頃)
項目数量
経産牛頭数60頭
年間出荷乳量約500t
農地面積約60~70ha
項目数量
収入約5,000万円/年
農業所得約1,300万円/年

新規就農者の経営支援及び子育て支援に各種制度をご用意しています

  • 助成金
    安心して新規就農ができるよう助成金を交付します。
    ❶青年就農給付金150万円×最長5年間(国)
    ❷就農奨励金として300万円(町)+300万円(JA)
    ❸リース料への助成
    ※1年間のリース料(参考)280万円※就農規模によって増減あり
    上限100万円×3年間(町)
    ❹固定資産税相当額への助成上限25万円×3年間(町)
    ❺住宅等の改修費用への助成上限100万円(町集落)
    ❻牛の導入費用への助成上限150万円(町集落)
    ※そのほかJA等による助成制度あり。
  • 融資制度
    【青年等就農資金】
    農業経営を開始するために必要な資金を長期、無利子で貸し付けます。
    (1)貸付対象者:認定新規就農者
    (2)資金使途:施設、機械の取得等(農地等の取得は除く)
    (3)貸付限度額:3,700万円
    (4)貸付利率:無利子
    (5)償還期限:12年以内(据置期間5年以内)
    (6)担保・保証人:融資対象物件以外の担保
    及び第三者保証人は不要
    (7)貸付主体:(株)日本政策金融公庫
  • 子育て支援
    ❶町内の地域ごとに、保育園又は幼稚園を開設。※必要に応じ時間延長の支援※朝晩の送迎の必要あり
    ❷通学支援
    ・小〜中学生/研修牧場前から町スクールバスによる送迎
    ・高校生/定期バスを運行
農業ヘルパーとは?
農業スタッフとは?